NaritaAirportBasser21NaritaAirportBasser21

2017 SEASON TOURNAMENT 2nd STAGE 優勝レポート

(日)[印旛沼]

優勝

No.9 山添重喜

使用タックル

Rig
:テキサスリグ
Rod
:BSP エクストリーム76H
Reel
:シマノ ソルティーワン
Line
:スパイダーワイヤー フロロブレイド50lb
Lure
:YUM マイティーバグ(ジュンバグ)
weight
:14g

エリア

西部本湖
:萩山下
長門新堀

プラクティス

何となく魚に追い付いてる気がして、自分の春は終了し回復狙うぞー!と、フロッグリグるも水温は前週と横ばい15度台…。

一歩下がり、遅いエリアのプリスポーンと、早いエリアの小型プリスポーン(早いエリアのスローダウン系は合わないしやらない)。

西部の要所を見て回り萩山下で推定キロがバイト!電撃ハズシ。

これをヒントに新堀。直行1投目でまたバイト!電撃ハズシ!

何となく適当に投げたラバージグに600掛かり(外そうとライン出しまくった)、エリア・スポット・食わせ方、今のバスの動きサイズまでも1つの線になった気がした。

でも不安……。初戦の失敗が頭をよぎり、新川~神崎川を見て回り、不確定を確定に、不安を安心に、余計な物を削ぎ落とす。そんな…そんな…前プラでしたが…。

奥山からのLINEが「オレは明日デコるわ…釣りすぎた…」と。。。上がって話しを聞くと
「5キロ越えたん?」
奥「5キロ処じゃない7キロ越え」
うぉぉぉ?衝撃的!!

つーか今日の自分はいったい…。レベルが違うのか奥!あの背中明日はどっちを語るのか

「お願い明日釣ってきて!印旛ロマン釣ってきて!その三本見たいのです」

と、祈りながら終了。と、思いきやあの二人組(想像にお任せします)に拉致られお腹一杯wでも?何か?心地い~なぁ~。

試合当日

奥山とエリアの擦り合わせ。意外とバッティングしないんだなこれが。リミットは揃いそうだと、MAX3500、最低3キロは欲しい。4キロ行かないと優勝は無いと言い聞かせスタート。

萩山下に入りひと流しノーバイト。何か違う?何だろう?

アピール力が足らないかもマイティーバグに変えもう一周。

引っ掛けハズシのスイミングでキロゲット!

OK! わかった!

庭の甚兵衛広沼の水路をとりあえず流すもノーバイトは想定内。

本命の長門新堀へ行くも、入りたい所に先行者。

次の場所に入り速攻1900!ヨッシャ!後1つ。

やはり焦りは禁物な。キロ釣るも手前の葦に巻かれ化けるハァ。

程なくして800ゲットだがオスぽい…。リミットなのだが。。。

そこから3連続ミス…。アホだ!自分、死ねばいー!と、呟きながらも待望のバイト!

巻かれたが強引に引きずり出した魚!600のオス…入れ替え出来ず。

ラスト15分ラストチャンス!来たキロバイト!出方が凄いけどな…やっぱりアホだ!さよなら優勝…。

まぁこんだけミスったら駄目だよね。

さよなら優勝…。

と、思ってました。。。。

表彰式インタビュー動画

自己PR

そうしたら、まさかの優勝でした!初優勝!
きっと競り負ける、あんなにミスったし、1900いなけりゃ只の人。初戦の方がハァハァしてたし。嬉しいけどほっとした正直な感想です。

NABのメンバーは素晴らしい!なかなか勝たしてくれなくてレベルの高さに脱帽です。

印旛沼のクオリティーとレベル、釣りの技術が一段上がった気がします。

メンバーの皆さんスタッフの方々ありがとうございます。切磋琢磨出来る喜びに感謝します。

さぁギア入れますよ!2勝目行きますよ!