NaritaAirportBasser21NaritaAirportBasser21

My Quest for Bass!-バスを探し求めて-

No.018

レポート

2005年11月27日 [千葉県印旛沼] 投稿者: Kevin Johnson (訳:高木匡一)

私はバスをキャッチするための探索は世界各国に及びます。今は日本です。私はこの国が大好きです。私の新しい友達になった高木匡一さんが「印旛沼に釣りに行こう!」と誘ってくれ、その言葉に私はとても興奮しました。

私達は快適な(高木さんの車の)ドライブをして(印旛沼に)到着しました。とても嬉しかったです。印旛沼は霧に覆われていて寒かったです。バスが隠れるための杭やカバーが冷たいマッディーウォーターに覆われているのが見えました。私はさらに興奮してきました。

太陽が昇り落ち着いた後、私達はバスをキャッチするためのスタートしました。(高木さんが以前)言ったとおり、寒かったです。印旛沼は北カリフォルニアのバスフィッシングを思い出させます。一部の地域はカリフォルニアデルタに、それから他のエリアはレイクシャスタにそっくりです。私達のボートには宮本敦之さんと高木さんが乗りました。

右から宮本さん、高木さん、ケビンさん

私は印旛沼がとてもシャローウォーターに見えて驚きました。私達はジグとワームでフリッピングとピッチングを始めました。私はゲーリーヤマモトニューアイテム、フリッピンホッグ(フラッピンホッグ)で、カラーは黒青、3/16オンスを使いました。

宮本さんは「一年の中で今の時期はものすごくタフで、もし1匹でもバスをキャッチできればスゴイ、2匹だったらキング。3匹だったらその日で最高匹数ですよ」と言いました。私はファーストバスを釣る準備ができていましたが、、せっかく日本でバス探そうとしたのに。。

ノーバイトが続いた後に、私はフリッピンホッグ(フラッピンホッグ)のカラーをウォーターメロンブラックフレークにルアーチェンジしました。そしてアプローチをスローにすることに決めました。結局、水はとても冷たく、バスを捕らえることはできなかったです。

印旛沼の美しさにはびっくりしました。レイクの大きさもとてもよく、アメリカのたくさんのフィッシングスポットのような環境です。2、3つほどの違ったスポットにエリアを変え釣りをしましたが、誰もバスをキャッチできませんでした。

私は今回の釣行でバスを見ることはできませんでしたが、次回はバスを捕らえて日本でのバスを征服したいと思います。印旛沼は春がとても良いシーズンに違いないと思います。私はバスをキャッチする(シーズンがくる)まで待ち切れません。スポーンの頃のサイトフィッシングはマッディーウォーターのレイクでは難しく、嫌ですが、

「見てろよ、バス!おまえをキャッチするからな!」

私はボートハウス(ふな一)で多くのNAB21のメンバーに会えてとても嬉しかったです。私は本当に来年のNAB21 ファーストステージに参加したいと思っています。可能な限りたくさんのバスを日本で釣り、そしてコンディションのよいバスを探し続けていこうと思っています。

ではまた!

ケビン・ジョンソン

通訳もしてくれた高木さんとケビンさん

原文

My quest for catching bass has taken me all over the world. Now I am in Japan. I love this country! My new friend Masahito Takagiis taking me to Lake INBA to go fishing. Can you say that I am so excited!

We arrive after a nice drive and I am so happy. The lakeis covered in fog and it is cold. All I can see is sticks and cover forthe bass to hide in the cold muddy water. I am now more excited than ever. After watching the rest of the sun rise we start our journey to catchbass. Did I tell you it was cold! The lake reminds me of bass fishingin Northern California. The lake looks like the California Delta in someareas and then other areas look much like Lake Shasta. In our boat isMasahito Takagi and Atsushi Miyamoto.

I am very surprised to see the lake is so shallow. We start out flippingand pitching jigs and worms. I use the new Gary Yamamoto Flippin Hog inBlack and Blue with a 3/16oz weight. Atsushi Miyamoto tells me that thebass fishing is super tough this time of the year. If you catch one bassyou are doing great, two bass and you are the king and if you catch athird bass in one day you are the best. I was ready for that first bass. After all, my quest has brought me to Japan.

After a while with no bites I switch up colors on my Yamamoto FlippinHog to Water Melon with Black Flake and I decide to slow my approach down. After all the water is very cold and the bass are tough to catch here.

I am still amazed with the beauty of Lake INBA. The lake is very nicein size and it offers us many fishing spots. We try a few different spotsto fish and no one is catching a bass.

I did not see any bass on my trip this time. I know next time I willconquer my quest to catch a bass in Japan. I think Lake INBA must be avery good lake in the spring time. I can’t wait to come catch the bass. During the spawn sight fishing can be down on this muddy water lake!

Watch out bass, I will catch you!

I was so happy to meet everyone at the Boat House that is from NAB21. I really hope I can fish the first stage of NAB21 this next year. I hopeto fish in Japan as much as possible and keep my quest for bass alive!

See you next time.

Kevin Johnson